ビットコインやリップル・ネムなど仮想通貨の最新情報をお届けする2chまとめサイトです。

    タグ:芸能人

    1: 名無しステーション 2018/02/19(月) 00:40:44.81 ID:zN5bzuOPx
    秋元康氏企画監修のもと、テレビ朝日の若手ディレクターを育成していく番組。毎週、若手D作成のVTRを放送します!

    【EXD44 一番儲けているのは誰だ!? 芸人界の仮想通貨事情の真相に迫る! 】の続きを読む
    Binance 世界最大の取引所登録する bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    1: 名無しさん@涙目です。(韓国) [EU] 2018/02/14(水) 10:28:56.86 ID:LQ+uNjXF0● BE:707895369-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    世間を賑わせている「仮想通貨」といえば、仮想通貨取引所「コインチェック」が仮想通貨580億円相当を不正流出した騒動が問題となっている一方で、さまざまな人たちが「億り人」となって注目されている。

    また、芸人・たむらけんじ(44)を筆頭に、さまざまな芸人たちも投資しているが、キングコング・西野亮廣(37)が9日、自身のブログで「仮想通貨をやらない理由」について語り、話題に。



    ■仮想通貨には「まるで興味がない」
    芸人仲間からも「なんで仮想通貨をやらないの?」と聞かれるという西野。3年ほど前、番組の企画でビットコインを購入して以来、手を付けていないとし「まるで興味がない」とのこと。

    その理由について、暗号通貨の仕組みがわかったとし、「なにより、値動きを追いかけることに時間を奪われたくない」と語り、同様の理由でギャンブルにも興味がないようだ。

    さらに「生活費なんて月に7〜8万あれば十分だし、『億り人』を目指すほど時間に余裕がない。酔っ払った勢いでアレやコレやと新しい遊びを始めてしまうので、宿題は山積みだ」とつづった。



    ■「モノ作り」に軍配があがる
    西野といえば、芸人活動だけでなく、絵本作家としての活動や、クラウドファンディングなどを利用して、さまざまなサービスを手がけている。

    「はれのひ」騒動では、被害に遭った新成人のために「リベンジ成人式」を行いながら、「プレゼントするお金に時間を乗せる」をコンセプトにした『レターポット』の宣伝をするなど、
    ビジネスと結びつけた活動も行っている。

    他にも「おとぎ町」など、新しいサービスやモノを作っている西野だが、こういった「モノ作りに費やしている時間」が楽しいため、
    「『仮想通貨の値動きを追いかける時間』と天秤にかけた時に、僕の場合は10対0で『モノ作り』に軍配が上がる」とした。

    とはいえ、仮想通貨をやらない理由はあくまでも「個人の趣味の範疇」であることから、「ギャンブルに楽しさを見つけられる人は引き続き仮想通貨をやればいいと思うし、そこには批判も称賛もない」とつづった。

    ■「本当に理想」と共感する声
    西野の投稿を受け、ネット上では共感の声があがっている。しかし一部では、サービスに仮想通貨を応用すべきとの意見も。「レターポットに通貨を導入してほしい」といった声も寄せられている。

    ・ああ、すごく理想。こういう生き方が本当に理想。「楽しい事をして生きたい」って、「楽をしたい」とか「嫌なことから逃げる」とは違う


    ・次々遊びを思いついてモノ作りに熱中してるっていうのが素敵だな 公開処刑は怖いけどw


    ・西野が好きか嫌いかは別にして共感できるところはある


    ・仮想通貨も応用していけばそれこそ独自のコイン作れたり、モノづくりに活用できるんと思うんだけどな〜。西野さんの考えは基本好きだからちょっと残念



    https://sirabee.com/2018/02/09/20161496460/

    【【悲報】キンコン・西野亮廣の「仮想通貨をやらない理由」に称賛の声 】の続きを読む
    Binance 世界最大の取引所登録する bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    portrait-3052641_640

    1: 風吹けば名無し 2018/01/07(日) 09:49:12.39 ID:81InycgD0
    キンコン西野「貯金2億円」発言で“総スカン”危機

     12月3日深夜オンエアの「EXD44」で西野は「すっごいお金を最近、稼いでいます」と口にし、貯金額を聞かれると、口ごもりつつも「貯金2億(円)です」と答えた。

     テレビ局関係者がこう明かす。

    「東京・新宿にある吉本興業東京本部には大きな中庭があるのですが、そこに昨年12月、巨大クリスマスツリーが登場したのです。実はこのクリスマスツリーは、企画から製作まですべて“西野プロデュース”によるものなんです」

     しかも、西野が自身のブログでも明かした通り、このクリスマスツリーとともに飾られた多数の小物とライトも、彼自身が新たに購入したものか、製作したものだという。

     さらに、出版業界に革命を起こそうと、オンラインサロン(ネット上の会員制コミュニティー)やクラウドファンディング(ネットを通じた事業資金調達)を推奨するなど、今や西野は“エンタメ業界の革命児”とさえ言われている。

     どうやら西野は本気でディズニーを超えることを狙っており「報酬よりも自分のやりたいことをやっていく」と、自己プロデュース論を周囲に語っている。つまり貯金が2億円あるから、好きな仕事をしていくというワケだ。

     実際に西野は、凋落ぎみのテレビ業界に軸足を置こうとは考えていないようで、今後は絵本や出版事業の他に、自身が考える新たな“仮想通貨構想”などの実現に向けて取り組んでいるとか。

    「プライベートでの交友関係も、芸人や芸能人よりもIT関係者や実業家が中心ですからね」(前同)

     こうした大いなる野望を掲げる西野だが、この「2億円」発言をきっかけに、これまでの炎上発言や、問題発言までも取り沙汰されるハメに。

     10年前、西野は「ひな壇に出るのはやめます」と宣言し、前出の同番組でも11月中ごろの放送でその真意を語った。この時には「向いていないことをあまりやらなくていい」などと話していた。この言葉はひな壇芸人たちの耳にどう響いたか?

    「聞きようによっては、やゆされていると取れなくもない発言。お笑い界の先輩芸人たちの耳にも入っており『不愉快だ!』と怒っている者も少なくない。西野自身が、芸人からの成り上がりなのにちょっとね。
    今は2億円の貯金があるからいいですが、もし金銭的に困った時、誰も助けてくれませんよ」(芸能プロ関係者)

     西野の性格から「先輩芸人らの嫉妬など意に介していない」(前出芸能プロ関係者)そうだが、周囲からは大ヒンシュクを買ってしまったとみられる。

     ビッグマウス発言の度が過ぎると、外敵を増やすことになる。野望達成の前に、誰かに足を引っ張られることにもなりかねない。

     西野の前途は、意外にも多難のようだ。

    【キングコング西山さん「貯金は2億 テレビ業界には見切りをつけた 独自の仮想通貨を作る」 】の続きを読む
    Binance 世界最大の取引所登録する bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2018/01/03(水) 22:43:30.70 ID:4NI+L/ps0● BE:399275318-2BP(2500)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ■「情報選択のリテラシーが弱い」GACKTの公式ブログが仮想通貨事業への批判に反論

    2日、GACKTの公式ブログが更新された。自身が参画する仮想通貨事業「SPINDLE」に対する批判などに対し、「情報選択のリテラシーが非常に弱い」と反論した。

    昨年12月26日、GACKTは同ブログ上で、「SPINDLE」に関与していることを明かした上で、事業に対する投資を呼びかけていた。

    しかし、この事業発表に対し、ネット上では「また詐欺に引っかかるのか?」「大丈夫か?」といった、多くの批判が巻き起こったようだ。

    こうしたネガティブな反応について、GACKTは今回のエントリー上で、痛烈に「投資リテラシーの話以前に、情報選択のリテラシーが非常に弱いことを多く感じました」とコメント。
    「投資はあくまで自己判断で行うものです」「無理に強要されてするものではありません」「指を咥(くわ)えて見ていてください」と反論した。

    また、共同事業者たちの過去を危ぶむ反応に対しても、GACKTはすでに調査済みだと明言した上で、「間違っても詐欺になるようなことに、ボクの名前を出すことをボク自身がすると思いますか?」
    「どんだけGACKTはアンポンタンなんですか」とあきれた様子をあらわにする。そして、行政処分を受けた人物が申し訳なさから裏方に回っていることも明かし、「ボクらは日本がそういうチャンス(再起)を与えられる国であることをまだ信じたいと思っています」とつづっていた。

    GACKTは続けて、日本人は情報選択のリテラシーが弱いため、多くのメディアが発信する情報に右往左往している現状を指摘。その上で、
    「自身の判断で決断するということ、上部の情報ではなくしっかり勉強することが何より大切なわけです」と読者に向けて説いた。

    最後に、GACKTは「偏った解釈と情報を自信満々でアップしてくださる一部の方達」に向かって、
    「ココロから哀悼と感謝と殺意の気持ちを込めてこの始まったばかりの一年をどうか無事にお過ごしできることを刹那に願っております」
    「帰り道の一人歩きには十分お気をつけください」と怒りをむき出しにしていた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/14110685/

    【GACKTが仮想通貨事業への批判に反論 「メディアに騙される日本人多すぎ」 】の続きを読む
    Binance 世界最大の取引所登録する bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    このページのトップヘ