ビットコインやリップル・ネムなど仮想通貨の最新情報をお届けする2chまとめサイトです。

    タグ:マイニング

    1: ノチラ ★ 2018/01/14(日) 01:30:06.75 ID:CAP_USER
    ロシアの民間投資家らが初めて仮想通貨マイニング用の発電所を取得した。コメルサント紙が消息筋の情報として報じた。

    コメルサント紙によれば、「Gプラス」社は昨年末、「グバヒンスカヤ・エネルギー社」の発電所をアレクセイ・コレスニク氏に対して売却した。コレスニク氏は以前、タタルスタン共和国天然資源省、天然資源委員会の委員長を務めていた。コレスニク氏はコメルサント紙からの取材に購入の事実を認め、仮想通貨マイニング用ないしはデーターセンターの開設を検討していると答えている。この際、コレスニク氏は法基盤が整うまでは仮想通貨に従事するつもりはないと語っている。

    ロシア財務省付属社会院には昨年末12月28日、ロシアにおける仮想通貨資本の調整に関する法案が提出されている。法案には仮想通貨、マイニング、ICOの規定に項目が割かれている。プーチン大統領の指示では、ロシアにおける仮想通貨の調整の最終法案は2018年前半に完成されることになっている。
    https://jp.sputniknews.com/russia/201801124465532/


    【【仮想通貨】ロシア 民間投資家が発電所を購入 目的は仮想通貨マイニング 】の続きを読む
    Binance 世界最大の取引所登録する bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    1: ばーど ★ 2018/01/12(金) 16:39:08.95 ID:CAP_USER9
    2025年のEV向け電力量超える

     仮想通貨創出に今年世界で必要になる電力は、アルゼンチンの総消費電力に匹敵する可能性がある。米国や中国などで再生可能エネルギーを手掛ける企業にとっては、成長の原動力になるかもしれない。

     モルガン・スタンレーのニコラス・アシュワース氏率いるアナリストチームは10日のリポートで、ビットコインなど仮想通貨マイニング(採掘)に必要な電力は今年、最大140テラワット時に達する公算があるとして、世界の総消費電力の0.6%に相当すると説明。2025年に電気自動車向けに見込まれる電力を上回る規模で、「仮想通貨の値上がりが続けば、マイニングのための消費電力も世界で増えるだろう」と予想した。

     同リポートは消費電力自体は世界の電力株けん引には小さ過ぎるとした上で、米ネクステラ・エナジーやスペインのイベルドローラ、イタリア電力公社(ENEL)など、風力や太陽光発電および蓄電に投資する企業にとっては重要な成長ストーリーだと指摘。再生エネルギーに投資する大規模石油会社や、新規仮想通貨公開(ICO)で調達した資金が支える再生エネルギー事業者も恩恵を受ける可能性があると付け加えた。(ブルームバーグ)

    2018/1/11 16:30
    日刊工業新聞
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00457586?twinews=20180111

    farm-2852024_640

    【仮想通貨マイニング(採掘)の電力消費 世界の0.6%、年間140テラワット時に拡大 アルゼンチンの総消費電力に匹敵する可能性 】の続きを読む
    Binance 世界最大の取引所登録する bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    1: 名無しさん必死だな (3段) 2018/01/12(金) 11:30:50.08
    nicehashでやってるけどゲームやってる時は自動でオフになるからパフォーマンスも変わらんし放置しとくだけで金が溜まってく
    PCはコスパ悪いと思ってたがそんなことはなかった
    PCゲーマーならやった方がいいぞ

    (ただしnicehashは最近はっきんぐされたから自分でウォレット用意した方がいい)

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    farm-2852024_640

    【ゲーミングPC買ったけど仮想通貨マイニングしてたら半額戻ってきた 】の続きを読む
    Binance 世界最大の取引所登録する bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/05(金) 21:23:01.18 ID:CAP_USER9
    http://www.zaikei.co.jp/article/20180105/419741.html

     DMM.comは4日、仮想通貨の「採掘作業」をおこなうための「DMMマイニングラボ」をスタートすると発表した。

     マイニングラボは、 仮想通貨のマイニング(採掘)のためのコンピューター、サーバーをチューンアップさせていくことが目的のラボだ。仮想通貨のマイニングには高性能なコンピューターが必要となるため、そのパワーアップのために研究を進めていく。

    ●DMM.comのマイニングラボ

     DMMマイニングラボは、仮想通貨採掘のためのコンピューターを、消費電力とパワー出力の調整をしながら開発していく。現状では既存のコンピューターやマイニングに特化したコンピューターを利用し採掘作業をすすめるが、DMM.comオリジナルのコンピューター開発も視野に入れている。

     仮想通貨のマイニングは自作パソコンファンの間でも開発が進んでいるが、同ラボでは専門スタッフがマシンをチューンアップさせていく。 また、コンピューターメーカーとも提携し、発表前のマイニング専用コンピュータを利用する開発もおこなう。

    ●仮想通貨のマイニング

     DMM.comは現在、日本国内最大級のマイニング企業となっている。仮想通貨は、日本政府やアメリカ政府が発行する紙幣や貨幣と違い、インターネットを通して取引されるバーチャル通貨のことだ。日本や国際社会を合わせると約600種類の仮想通貨が存在すると言われている。日本円や米ドルとも交換ができ、今後さらに普及が進むともみられている。

     また、仮想通貨は一定の発行組織がなく、世界中のユーザーがコンピューターを提供し取引の計算を行なっている。このコンピューターを使った計算の事をマイニングと呼ぶ。

    ●DMM.comとは?

      DMMマイニングラボを設立したDMM.comは、インターネットでの動画配信からスタートした企業で、現在ではオンライン英会話や外国為替証拠金取引(FX)、太陽光発電、家事代行サービスなど多事業展開をしている。

    farm-2852024_640

    【【経済】DMM、仮想通貨の「採掘作業」を行うマイニングラボを開始 】の続きを読む
    Binance 世界最大の取引所登録する bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    このページのトップヘ